ページトップへもどる

健診・予防接種

特定健診とは

目的

メタボリックシンドロームに着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための健康診査を行い、糖尿病等の有病者・予備群を発見することを目的としています。

対象者

40歳から74歳までの市国民健康保険加入者

健診項目

■基本的な項目

質問(問診)、理学的診査(身体検査)、身体計測(身長・体重・腹囲)、血圧測定、
血液検査(脂質検査・肝機能検査・血糖検査・貧血検査・腎機能検査)、尿検査(尿糖・尿蛋白)、心電図検査

■追加項目

眼底検査
(注)眼底検査は昨年度の健診結果に基づき医師が必要と判断した人に実施します。

費用

無料

  • 国民健康保険の資格を喪失している方(さかのぼって保険を脱退した場合も含む)は受診できません。
    受診された場合は、健診費用を全額請求することがあります。

受診方法

受診対象者(平成25年4月1日時点で国民健康保険被保険者)へは、市から「受診券」が郵送されます。
ご希望の医療機関に予約をし、「受診券」と「被保険者証」を持参のうえ、受診してください。

  • 平成25年度に75歳に到達される方は発送時期が異なります。

特定保健指導とは

目的

メタボリックシンドロームに着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の有病者・予備群を減少させることを目的としています。

対象者

特定健診の結果により、生活習慣の改善が必要と判定された方。

内容

「情報提供」 
受診者全員に情報を提供します。
「動機づけ支援」 
原則、1回の保健指導を行います。
「積極的支援」 
原則、3ヶ月以上の継続的な保健指導を行います。

費用

無料

利用方法

利用対象者へは、「利用券」が郵送されます。
ご希望の実施医療機関に予約をし、「利用券」と健診受診医療機関から渡される「健診結果表」、「被保険者証」を持参のうえ、ご利用ください。